タケプロンとアルミニウム・マグネシウムや認知症との関係

 

「胃薬にはアルミニウム・マグネシウムが含まれており、常用すると体に悪い」

 

このような話を耳にした人も多いでしょう。ここでは、タケプロンとアルミニウム・マグネシウムや認知症との関係について解説します。

 

タケプロンにはアルミニウム・マグネシウムが含まれる?

 

まず第一に多くの方が気にされているのが、「タケプロンにアルミニウムやマグネシウムが入っているか?」という点だと思います。まず結論から言うと、タケプロンにはアルミニウム・マグネシウム成分は含まれていません。

 

ただし、タケプロンは水酸化アルミニウムやマグネシウムを多く摂取すると、血中濃度が低下するというデータがあります。海藻など、食料品にもアルミニウム・マグネシウムは含まれているので、食事面では少し気を使ったほう無難です。

 

添加物 食品
膨張剤(ベーキングパウダー) 菓子パン、お菓子など
色止め剤 漬物
形状安定剤 魚介類(煮崩れ防止)
品質安定剤 野菜の漬物
着色料 全般

 

また、↑の添加物についてはアルミニウムが含有されていることがあり、タケプロン服用中に食べるとタケプロンの効果が落ちてしまう恐れがあるので、なるべく避けたほうがよいでしょう。

 

アルミニウム・マグネシウムに気を付けるケース

 

タケプロンとアルミニウム・マグネシウムの関係については、すでに書いた通りです。

 

  1. タケプロンにアルミニウム・マグネシウム成分は含まれない。
  2. アルミニウム・マグネシウム含有食品や添加物を食べると、タケプロンの効果が落ちる可能性がある。

 

原則としては、↑の2点を覚えておけば問題ありません。

 

ではなぜ、タケプロンとアルミやマグネシウムの関係を気にする人が多いのでしょうか? それは、「一部の胃薬にアルミニウムやマグネシウムが多く含まれているから」です。その情報を聞きかじったために、「タケプロンもアルミが入っているのではないか」と気にしてしまう人が増えているのです。

 

ひと口に胃薬と言っても、種類はいくつかあります。

 

  1. 胃粘膜保護薬
  2. 制酸薬
  3. H2ブロッカー
  4. プロトンポンプ阻害薬(←タケプロンはこれ)
  5. ストロカイン(胃痛をやわらげる)

など

 

この中で、「制酸薬」と呼ばれる胃薬に関しては、処方薬・市販薬を問わず、高確率でアルミニウムが含まれています。

 

どのような形でアルミニウムが含まれるかはさまざまですが、例えば「メタケイ酸アルミン酸マグネシウム」という成分はよく胃薬に含まれており、アルミニウムとマグネシウムの両方を体に摂りこむことになります。

 

市販薬の中では、サクロンはアルミニウムを含みませんので、市販薬の制酸薬を買いたいがアルミが心配と言う場合はサクロンが良いでしょう。

 

サクロンの公式サイトでも、

 

サクロン錠には、アルミニウムを含む成分は使用していません。
サクロン錠公式ページ:http://www.eisai.jp/health-care/products/saclon/saclont.php

 

と明言されているので安心です。

 

通販で購入する場合は、Amazonが最安値です。

 

 

タケプロンと認知症の関係とは?

 

同じく、「タケプロン 認知症」といった検索をする人も多いです。

 

これにはさまざまな要因が考えられますが、やはり多いのが「アルミニウム」の関係です。

 

アルミニウムイオンの摂取がアルツハイマー病の原因のひとつであるという説がある。この説は、第二次世界大戦後、グアム島を統治した米軍が老人の認知症の率が異常に高いことに気がつき、地下水の検査をしたところアルミニウムイオンが非常に多いことがわかったことによる。
参照:Wikipedia「アルツハイマー病」

 

ただ、アメリカのFDA(日本で言う厚生労働省)はアルミニウムと認知症の関係を否定しており、まだ結論が出ていないというのが本当のところです。

 

とはいえ、こういった仮説はかなり有名になっており、制酸剤に多くのアルミニウムが含まれているという事実もあいまって、「胃薬を飲むとアルツハイマーになるのでは」という心配がはびこっているのです。

 

すでに解説した通り、タケプロンにはアルミニウムは含まれていません。なので、仮にアルミと認知症に関係があったとしても、その点では認知症のリスクを高めることはありません。

 

次に考えられる要因は、「プロトンポンプ阻害薬そのものに認知症のリスクがある」という説です。

 

ドイツ神経変性疾患センターが行なった、高齢者7万人を対象にした調査によって、PPIを長期服用している人はそうでない人に比べて認知症リスクが薬1.4倍になるという説が、米医学誌「JAMA Neurology」から発表されたのです。

 

参考URL:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26882076

 

この説は「ポロトンポンプ阻害薬」についての話なので、タケプロンに限った話ではありません。パリエットやネキシウムも同様と考えたほうがよいでしょう。また、胃酸抑制が原因であるなら、タケキャブも同じくリスクがあるかもしれません。

 

まだしっかりと裏付けがなされているわけではありませんが、それなりに信ぴょう性が高いとされているので、タケプロンをあまりにも長い間服用するのは避けたほうがよいでしょう。逆流性食道炎の症状をやわらげるためにタケプロンが必要と言う場合はよいのですが、タケプロンによって治ったような気になり、ダラダラと何年も服用するのはやはり避けるべきです。タケプロンは治療中の症状緩和のために利用し、生活習慣などを正して根本的に治す道を目指すべきでしょう。