タケプロン服用中のカフェインやタバコは控えるべき?

 

タケプロンだけでなく、医薬品を服用中はカフェインやタバコの影響は気になると思います。

 

ここでは、タケプロンとカフェインの相互作用や注意点をご紹介します。

 

タケプロンとカフェインの相互作用

 

タケプロンの添付文書を見る限りは、「カフェイン」の記述はありません。そのため、タケプロンとカフェインを同時に摂取したからといって、副作用的なものが現れることはないということになります。ただ、海外のレポートによると、タケプロン(ランソプラゾール)とカフェインの同時摂取によって、以下の報告があります。

 

  1. 食欲不振
  2. 倦怠感
  3. 痛み
  4. 便秘
  5. 下痢
  6. めまい
URL:Lansoprazole and Caffeine drug interactions - from FDA reports

 

これは「タケプロンとカフェインを同時に録っていた人にこういう症状があった」と言う話なので、原因が同時摂取にあるとは限りません。しかし、それほど相性は良くないということはわかると思います。したがって、タケプロン服用中は、できるだけコーヒーや紅茶といったカフェイン含有量の高い飲み物は避けたほうがよいでしょう。

 

症状の回復が遅れる場合も

 

タケプロンを飲んでいるということは、胃潰瘍や逆流性食道炎などの病気を治療しているということになるでしょう。その場合、やはり胃酸が出るのはできるだけ抑えたいところです。

 

しかし、カフェインには強力な胃酸分泌作用があり、そもそも胃潰瘍や逆流性食道炎の治療中はカフェインを避けるべきなのです。「通院中はカフェインは避けてください」という医師もいるはずですし、タケプロンを服用しているかどうかは関係なく、カフェインは飲まない方がいいのです。

 

タケプロンとタバコの関係は?

 

タバコもカフェインと同様、タケプロン服用中に吸ったからといって、直接悪影響があるわけではありません。

 

しかし、タバコには一酸化炭素やニコチンなどの有害物質が含まれており、末梢血管の収縮や血管の酸素運搬能力の低下などの作用があります。その結果、胃の粘膜の修復機能が低下してしまいます。

 

胃潰瘍や逆流性食道炎の自然治癒にはやはり胃粘膜の修復機能が必要なわけで、胃潰瘍の治療中はタバコを吸うのはNGと言われています。つまり、タケプロンを服用中はそういった病気の治療中ということなのですから、タバコもやはり避けるべきなのです。