タケプロンによって太るってホント?リバウンドは大丈夫?

 

「タケプロンを飲んだら太るのでは?」と考えてしまう人もいるようです。また、リバウンドについても気になる人がいるようなので、解説していきます。

 

タケプロンが原因で太ることはない

 

まずタケプロンと体重増加の関係についてですが、基本的には無関係と言えるでしょう。

 

確かに、胃薬の中には太りやすくなってしまう類のものがあるのは事実です。それは胃もたれを解消するために使われる、「消化補助」を目的とした胃薬です。消化が活発になって胃の中の食べ物がすぐに吸収され、胃もたれしにくくなります。そのため、食べ過ぎても気づきにくくなり、結果的に太ってしまうことがあるのです。

 

ですが、タケプロンは胃酸を抑える医薬品ですから、そもそも消化補助の胃薬とは作用が違います。消化に関しては関係ないので、食べ過ぎてしまうような効果はありません。

 

「胃薬を飲んでいたら太った」という話が派生して、同じ「胃薬」に分類されるタケプロンで太るといった話が一人歩きしたのが本当のところでしょう。

 

タケプロンでリバウンドする?

 

「タケプロンのリバウンド」といっても、これは体重増加のことではありません。先ほど解説した通り、タケプロンで太りやすくなるといった事実はないのです。

 

では「リバウンド」とはなんのことかというと、それは「胃酸のリバウンド」のことです。「タケプロンをやめたときに、胃酸の分泌が以前より増えてしまう」ということを指しています。タケプロンはプロトンポンプを阻害して胃酸を抑制しますが、その作用がなくなったときに胃酸の分泌が戻ったり、今まで以上に増えたりといったことがあるのです。

 

タケプロンは原則として8週間の処方となるので、それを過ぎた場合に胃酸の分泌が収まらないときは、ガスターなどの別の医薬品に移行する場合が多いようです。そうして徐々に効果の弱い医薬品に移していって、胃酸の状態をコントロールしていきます。一気に胃酸がリバウンドしないように調整していくわけです。

 

もしくは、症状が良くなるまでタケプロンを使い続けるというケースもあります。逆流性食道炎に限っては、8週間を過ぎたあとも状況次第でタケプロンを継続できるので、数年間にわたってタケプロンを飲んでいる人もいます。

 

いずれにしても、突然タケプロンをやめると胃酸のリバウンドのリスクがあるので、何らかの方法で胃酸の量をコントロールしていく必要があるのです。