タケプロンで消化不良になる?

 

食べ物を食べると、胃の中に食べ物が入り、「胃酸」が消化することになります。たくさん食べるとその分胃酸もたくさん出ます。しかし、胃の中に食べ物がたくさんあるのに、胃酸の量が少ないと消化が遅くなり、「消化不良」「胸焼け」といった状態になります。

 

タケプロンには胃酸を抑える作用があるので、消化速度はどうしても遅くなります。そのため、食べる量によっては消化不良を起こす可能性はあります。なので、もしタケプロン服用中に消化不良を起こすようであれば、食べる量を減らしたり、油ものをあまり食べないようにする、よく噛んでから食べるなどの対策が必要でしょう。

 

もっと注意したいのが、「消化不良」を治すためにタケプロンを飲まないようにすることです。タケプロンに効果があるのはあくまで胃潰瘍や逆流性食道炎であって、「なんとなく胃もたれがする」と言う際に飲むものではないのです。むしろ、消化不良の症状にとっては、タケプロンの胃酸抑制作用は悪い面しかありません。最近ではタケプロンなどのプロトンポンプ抑制薬は広く普及しすぎたために、消化不良に対して安易にタケプロンを処方するケースもあるようです。繰り返しになりますが、タケプロンが効果的なのは「胃潰瘍」「逆流性食道炎」などの胃酸過多が原因のものであって、消化不良ではないのです。