タケプロン服用中のインフルエンザ予防接種~治療薬はOK?

 

タケプロンは長期服用になりやすいです。そんとあめ、その間に冬の季節になり、インフルエンザの予防接種を受けたり、タミフル・リレンザ・イナビルといった治療薬の服用をする状況になるかもしれません。

 

そのときになって慌てないように、タケプロンとインフルエンザ関係の医薬品の関係について知っておきましょう。

 

タケプロンとインフルエンザ予防接種

 

最初に、タケプロンとインフルエンザ予防接種の併用についてです。こちらは、原則としては問題とはなりません。

 

インフルエンザ予防接種ができない状況は以下の通りです。

 

  1. 37.5度以上の発熱がある
  2. 急性疾患がある
  3. 予防接種でアレルギーを起こしたことがある
  4. 医師にNGと診断される

 

基本的には、タケプロンが直接関係することはありません。

 

ただ、絶対に大丈夫というわけでもなく、上記の「4」に該当する可能性はあります。インフルエンザの予防接種には副反応と呼ばれる現象があり、予防接種に反応してさまざまな症状が出る可能性があります。タケプロンを服用している場合、逆流性食道炎などの治療をしているということなので、食欲不振などで体力がなく、副反応を懸念して予防接種を断れる可能性はゼロではありません。

 

とはいえ、これは医師が様子を見て決めることなので、よっぽど弱っているように見えない限りは大丈夫でしょう。

 

治療薬(イナビルやタミフルなど)との併用について

 

インフルエンザに感染・発症した場合、タミフルやイナビル、リレンザといった抗インフルエンザ薬が処方されることが多いです。これらの医薬品と、タケプロンの併用について気になるかもしれません。

 

タケプロンの添付文書を見ても、これらの抗インフルエンザ薬は併用注意に指定されていません。そのため、併用は特に問題ないです。

 

→併用注意・飲み合わせについて

 

なので、タケプロンの服用を申告しても、きちんと処方されるでしょう。

 

一応留意しておきたいのは、タミフルとはあまり相性が良くないということです。タケプロンとタミフルには両方「不眠」などの副作用の重複が見られ、副作用症状が重くなる可能性があるからです。

 

ただ、タミフルは5日間飲みきって終わりです。もちろんむやみに我慢するのはよくありませんが、タミフルを服用するとインフルエンザの回復が早まるので、、飲みきるまで耐えるのもアリでしょう。