タケプロンとその他の医薬品の併用

 

タケプロンには併用禁忌・注意の医薬品がいくつかあります。また、「今飲んでいる医薬品と、併用してもいいのか?」という点が気になる人もいるでしょう。

 

ここでは、併用禁忌・注意医薬品の紹介と、タケプロンと併用されやすい医薬品との組み合わせについて解説します。

 

タケプロンとの併用禁忌医薬品

 

タケプロンと併用禁忌(併用NG)の医薬品は以下の2点です。

 

一部の抗HIV治療薬

アタザナビル硫酸塩(医薬品名:レイアタッツ)
リルピビリン塩酸塩(医薬品名:エジュラント)

 

抗HIV治療薬の「レイアタッツ」「エジュラント」については、タケプロンの胃酸抑制作用によって、薬剤が胃の中で溶けにくくなり、効果が薄れてしまうため併用禁忌となっているので注意しましょう。

 

目次

 

タケプロンとの併用注意の状況や医薬品

 

タケプロンの併用禁忌薬はすでに紹介しましたが、同時併用に注意が必要な「併用注意」の事例もいくつかあります。

 

まずは年齢や状況に応じて併用注意となるケースを覚えておきましょう。

 

  1. タケプロンの過敏症(アレルギーやアナフィラキシー)が起こったことがある人
  2. 肝障害がある人
  3. 高齢者

 

↑のケースに当てはまる人は、タケプロンは「慎重投与」となります。なるべく自己判断で服用せず、医師の判断をもらいましょう。

 

次に、タケプロンと併用注意な医薬品について解説していきます。

 

薬剤名など 何の症状に利用されるか 併用のリスク
テオフィリン(テオドール)

気管支喘息
慢性気管支炎
慢性閉塞性肺疾患など

テオフィリンの代謝が促進され、その結果テオフィリンの血中濃度が下がるスピードが上がり効果が落ちる。
タクロリムス水和物(タクロリムスカプセル、タクロリムス軟膏) アトピー性皮膚炎など タクロリムスの代謝を阻害してしまう。
ジゴキシン、メチルジゴキシン(ジゴシンなど) 狭心症心房細動 タケプロンの胃酸分泌作用によって、ジゴキシンが分解しにくくなり、血中濃度が上がりやすくなる。
イトラコナゾール、ゲフィチニブ(イトリゾールなど) 真菌剤 タケプロンの胃酸分泌作用によって、イトラコナゾールなどの血中濃度が下がり、作用が低くなる。
メトトレキサート(リウマトレックス) 関節リウマチ 原因は不明だが、メトトレキサートの作用が下がる。
フェニトイン、ジアゼパム(アレビアチン,ヒダントール) 抗癲癇薬 代謝が落ちる。

 

↑の医薬品に関しては、タケプロンと併用することにより効果が下がったり、血中濃度が上がったりなどの可能性があるため、慎重に併用することになっています。

 

この医薬品はタケプロンと併用してOK?

 

タケプロンと併用禁忌・注意の医薬品を紹介しましたが、「これらの医薬品は利用していない」と言う人も多いでしょう。ここでは、タケプロンと似た医薬品や、よく使用する人が多い医薬品について、タケプロンとの併用がOKなのかどうかを解説します。

 

ガスターとの併用

ガスター(成分名:ファモチジン)は「H2ブロッカー」と呼ばれ、胃壁細胞の胃酸分泌システムにある「H2受容体」を阻害することで胃酸分泌を抑えることができます。

 

ただ、胃酸分泌の仕組みを考えると、タケプロンとガスターを併用はあまり意味がありません。というのも、胃酸分泌システムは

 

ヒスタミン → H2受容体 → プロトンポンプ

 

という流れになっているからです。ガスターを服用するとH2受容体の部分が阻害されるので、プロトンポンプの量も減ります。しかし、プロトンポンプの働きはH2受容体だけで決まるわけではなく、アセチルコリンやガストリンといった仕組みによっても増えます。

 

なので、胃酸分泌抑制作用としては、一般的にはタケプロンの方が効果が高く、ガスターは効果が限定的と考えられています。もし併用したとしても、結局タケプロンがプロトンポンプそのものを阻害するので、ガスターを飲む意味がなくなってしまうのです。

 

しかも、ガスターとタケプロンの併用は保険規約的に想定されていないので、併用したくても保険が効きません。

 

そう考えると、タケプロンとガスターを併用するのはおすすめできません。一般的には、ガスターで胃潰瘍などの症状が治まるならガスターのままで、もしあまり効果がないようならタケプロンを使うという流れになります。

 

パリエットとの併用

パリエットは、タケプロンと同じプロトンポンプ阻害薬となります。なので、成分自体は異なりますが、作用機序としては全く同じということになります。

 

併用そのものについては問題ないとされていますが、同じ作用の薬なので併用の意味はあまりありません。タケプロンかパリエットのどちらかを使用して、それで効果が薄かったり、副作用が気になる場合にもう片方に移行するという流れになります。

 

一般的には、タケプロンよりもパリエットの方が効果を感じる人が多いようです。なので、もしタケプロンを使っていて効果を感じないようなら、タケプロンをやめてパリエットに切り替えるという方がよいでしょう

 

ネキシウムとの併用

ネキシウム(成分名:エソメプラゾール)は2011年発売の比較的新しいプロトンポンプ阻害薬となります。

 

タケプロンとの併用については基本的にはパリエットと同じで、作用が同じなので併用する意味はそれほどありません。

 

新しい医薬品なので、タケプロンやパリエットよりも効果が高いと言われています。なので、タケプロン、パリエットに効果が見られなかった場合に、ネキシウムに移行するという形になります。併用に至るケースはほとんどないので、考えなくてよいでしょう。

 

レバミピド(ムコスタ)との併用

タケプロンとレバミピド(ムコスタ)との併用については、副作用などの面ではそれほど問題はありません。

 

ただ、ムコスタの効果はタケプロンに比べるとずっと弱いので、併用の意義は薄いです。もし胃潰瘍や逆流性食道炎などの治療を行うのであれば、基本的にはタケプロンのみでも十分です。

 

あるいは、ロキソニンなどを服用していて、「胃潰瘍を予防したい」という目的であれば、むしろ効果が弱めで副作用の少ないムコスタのほうを服用していくとよいでしょう。

 

バイアスピリン(アスピリン錠)との併用

 

バイアスピリンはアスピリンのジェネリックなので、「アスピリン」と一緒です。NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれる医薬品の一種で、鎮痛などの目的で広く使われています。有名な市販薬「バファリン」も、成分はアスピリンです。

 

  1. ロキソニン
  2. ボルタレン
  3. インドメタシン
  4. バファリン
  5. イブプロフェン

 

などもNSAIDsで、広く市販されているものもあります。

 

結論から言うと、バイアスピリンを含むNSAIDsとタケプロンとの併用は問題ありません。病院でも同時処方されることはあります。

 

むしろ、タケプロンとアスピリンを配合した医薬品「タケルダ配合錠」が発売されているくらいなので、併用についてはあまり心配しなくても大丈夫です。

 

ワーファリンとの併用

ワーファリン(成分名:ワルファリン)は抗凝固剤で、心房細動や心筋梗塞、脳血栓症などで使用されます。

 

ワーファリンが特殊なのは、その「併用注意薬の多さ」です。

 

  1. NSAIDs(アスピリン、インドメタシン、イブプロフェンなど)
  2. 一部の抗うつ剤
  3. 高脂血症用剤
  4. 一部の抗リウマチ剤
  5. 一部の抗生物質

 

など

 

↑のように、併用注意の医薬品がかなり広範囲にわたっています。そのため、「タケプロンも併用注意なんじゃないか」と考える人が多いと考えられます。

 

結果から言うと、ワーファリンとタケプロンの併用「注意」ではありません。併用注意に指定されていないので、タケプロンを服用しつつ、ワーファリンを服用するのは基本的には問題ありません。

 

もちろん、何事も「絶対に安全」というわけではないので不安なら医師と相談したほうがよいですが、数ある併用注意薬にタケプロンは入っていません。

 

むしろ、ワーファリンは「納豆」や「ビタミンKが入ったサプリメント」などが併用禁止なので、そちらを十分注意してください。