タケプロンとタケキャブの比較

 

タケキャブ(成分名:ボノブラザン)は、2015年に発売されたかなり新しい医薬品となります。タケプロンと同じく、製品名に「タケ」と入っていることから分かる通り、武田薬品工業が開発した医薬品です。

 

タケプロンと名前も似ていますし、PPI関連の医薬品とういことで、「どちらがいいのか」と迷ってしまう人も多いでしょう。ここでは、タケプロンとタケキャブの違いなどを解説していきます。

 

タケプロンとタケキャブの効果・適応の違いは?

 

タケプロン(成分名:ランソプラゾール)はPPI(プロトンポンプ阻害薬)と呼ばれる医薬品で、胃酸を出す「プロトンポンプ」を阻害することによって胃酸抑制することができます。

 

>>タケプロンの効果や作用機序

 

ただし、タケプロンは血中濃度が維持されていないと、プロトンポンプの阻害作用が弱くなるという特徴がありました。また、プロトンポンプの作用を抑えるランソプラゾールという成分は、酸によって活性化が必要となり、そのワンクッションの時間だけ効果が現れるのが遅いという弱点もあります。さらに、タケプロンは人によって効果の出方に個人差があり、服用したけどあまり効かなかったというケースもありえます。

 

一方、タケキャブはタケプロンの弱点が改善されており、主要成分のボノブラザンは活性化せずに直接プロトンポンプを阻害することができます。そのため、効果が出るまでの時間が短く、なおかつ血中濃度が薄くなってきても効果を維持できるというメリットもあるのです。また、個人差も出にくく、誰でも強い効果を発揮することができます。

 

タケプロンとタケキャブは作用機序は異なりますが、プロトンポンプを阻害するという意味では同じ効果を持っていることになります。なので、適応する病気は

 

  1. 逆流性食道炎
  2. 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  3. ピロリ菌
  4. 機能性ディスペプシア

 

など

 

となっており、大きな差はありません。

 

メリット・デメリットや薬価を比較

 

それでは、タケプロンとタケキャブのメリット・デメリットにはどんな差があるのでしょうか。まずは↓の表をご覧ください。

 

  タケプロン タケキャブ
効果の強さ ★★★★ ★★★★★
効果が出るまでの時間 ★★★ ★★★★
個人差 ★★★ ★★★★
薬価 ★★★★★ ★★★

 

↑を見てもわかる通り、「効果の強さ」「効果が出るまでの時間」「個人差」の3点については、新薬のタケキャブの方が優れています。

 

ただ、価格に関しては歴史の長いタケプロンに軍配が上がります。というのも、タケプロンはそもそもの薬価が安いほか、ジェネリックが発売されているので負担コストはかなり減らすことができるのです。

 

  薬価 備考
タケプロン 15mg(OD) 80.6  
タケプロンジェネリック 15mg(OD) 31.5 ジェネリック
タケプロン 30mg(OD) 140.3  
タケプロンジェネリック 30mg(OD) 55.6 ジェネリック
タケキャブ 10mg 160.10  
タケキャブ 20mg 240.20  

 

タケキャブは、だいたいタケプロンの2倍の薬価となっています。しかもタケプロンにはジェネリックがあるので、4倍近い薬価となっていることがわかります。つまり、価格の面では圧倒的にタケキャブの方が高いということができます。

 

タケプロンとタケキャブの使い分けは?

 

タケプロンとタケキャブのだいたいの特徴が分かったと思います。では、どのように使い分けていけばいいのでしょうか? 最終的には医師の診察通りにするというのが原則ですが、おおまかな使い分けられ方を解説します。

 

まず第一に、逆流性食道炎や胃潰瘍などで医師の診察を受けた場合は、新薬のタケキャブが使われることが多いでしょう。個人差が少ないというメリットがあるからです。タケプロンを処方したが、「あまり効かなかったので医薬品を切り替える」というタイムロスが出にくいからです。

 

ただ、タケキャブは保険適用が8週間までと定められているため、一般的にはだんだんと効果の弱い医薬品へと薬の種類を変えていくことが多いです。

 

タケキャブ→ネキシウム→タケプロン→ガスター

 

のような形で、じょじょに効果が弱く副作用の少ない医薬品へとスライドしていくことになるでしょう。

 

なお、タケキャブはまだ新しく、ジェネリックが出ていないため、個人輸入ではまだタケキャブの扱いはありません。なので、タケキャブを手に入れるとしたら医師の診察を受けるしかありません。